名刺イメージ

みなさんがよく目にする名刺。これにも様々なサイズがあるのをご存知ですか?
一般的に使われているのは91×55mmのサイズで4号(大阪では9号)と呼ばれているものです。

現在、日本で使用されているのはほとんどがこの規格です。つまり名刺といえばこのサイズということになっています。
最近では欧米の規格である89×51mmも増えてきているといいます。

以前までは3号(大阪では8号)と呼ばれる85×49mmの規格を女性がよく使用していました。ですが時代とともに段々とこの規格を使用する人も減ってしまったのだとか…。

それでは他にはどのようなサイズがあるのか、ちょっと見てみましょう。

  • 2号:45×82mm
  • 5号:61×100mm
  • 6号:70×116mm
  • 7号:76×121mm
  • 小型1号:25×45mm
  • 小型2号:30×56mm
  • 小型3号:36×65mm
  • 小型4号:39×70mm

実はいろいろな規格があるのです。
ちなみに今では、一般的な4号、欧米、3号以外の大きさのものはどの用紙メーカーも取り扱いはほとんどありません。

ほぼ特注だと思っていいでしょう。
一般的な大きさである4号は、紙の種類やカラーも豊富にありますが、3号や欧米はあまり種類はありません。

これを見ても、すでに名刺=4号というサイズが定着しているのがわかりますね。

また、大きさの規格以外にも厚さに違いがあったりもしますから、そこは自分の好みなども照らし合わせて使用するとよいでしょう。